| HOME | お気軽相談 | お茶のみサロン | 本・教材貸し出し | 連絡先 | 私がやっています |
2018.08.06 Monday 15:30

なぜ始めることになったの(町の保健室)

学校の中に保健室という教室があり、そこに養護教諭がいるのは、世界でも日本だけだといわれています。

たくさんの役割を持った保健室ですが、健康診断や学習以外、どのような時に保健室を使ったでしょうか?

困ったときに、苦しい時に、痛いときに保健室に行った経験はないでしょうか。

40年近く、小中学校の保健室に勤務していた私が、「いつでも行ける保健室、卒業してからも行ける保健室、大人も行ける保健室」そんな保健室が、町の中にあってもいいんじゃない?そんな事を考えたのは今から5年前でした。

「教室に入れなくて保健室に登校していたよ」

「保健室が好きで、いつも行っていたね」

「なんかホッとするよね」

「中学校のとき養護教諭になろうって決めて、今は保健室で働いているよ」

今はもう大人になった卒業生の言葉です。町の中に、こんな空間を作りたいとふとしたことがきっかけで、先輩や地域の方、多くの仲間が一緒に考えてくれました。「思い切って試運転をしてみよう」ZQという素敵な場もお借りすることができ、ここに【お試し保健室】を開くことになったのです。

JUGEMテーマ:カウンセリング


 
NEW ENTRY
CATEGORY
PROFILE
RECOMMEND
OTHER
MOBILE

(C) 2015 川中島の保健室 All Rights Reserved.